Point&Mileage

[初心者陸マイラー向け5選] ソラチカカードは電車に乗ってマイルが貯まる

PR

 

 

こんにちわ。

いつもありがとうございます。

 

まいる部長です。

 

陸マイラーに一番有名な ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)カードをマイル交換以外に使う本来の使い方を紹介します。

 

PR

Insta360°あなたのiphoneをあっという間に360°カメラに

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)カード

 

「ANAカード」と「To Me CARD PASMO」の2つの機能を持った JCB 発行のクレジットカードです。

「To Me CARD」 は、東京メトロ(東京地下鉄) が発行するクレジットカードでメトロポイントが貯まります。

「PASMO(パスモ)」は、首都圏を中心に全国の鉄道・ バスでご利用いただける便利なICカード です。

 

メトロポイント

 

To Me CARDは東京メトロのポイントサービス「メトロポイント」とカード会社ポイントの2つのポイントを貯めることができます。

 

東京メトロの提供するポイントサービスで、メトロポイントPlus(乗車ポイント・電子マネーポイント)や、To Me CARDのご利用に応じてポイントが貯まります。

貯まったポイントは、PASMO にチャージすることができるなど、たいへんおトクなポイントサービスです。

 

カード会社が提供するポイントサービスで、 To Me CARDを利用すると支払金額に応じてカード会社のポイントが貯まります。

貯まったカード会社ポイントは、カード会社のポイントプログラムによって様々な商品等に交換できる他、メトロポイントへの移行も可能です。

 

 

メトロポイントを貯めるには、メトロポイントPlus設定を事前に実施する必要があります。

設定方法については上記写真をクリックしてください。該当サイトにジャンプします。

 

 

メトロポイントPlus(乗車ポイント)

 

メトロポイントPlusの登録を行ったPASMOで、改札機により入出場した際の運賃に東京メトロ線が含まれる場合、乗車するごとにメトロポイントが貯まるサービスです。

 

平日は一乗車につき 5ポイントが貯まります。

往復で10ポイント貯まります。

改札機から入場して、行き先の改札機から出るまでを一乗車区間となります。

一乗車区間で複数の東京メトロ線に乗っても一乗車区間です。

定期券面区間の利用は、メトロポイントPlus(乗車ポイント)の対象となりません。

 

 

メトロポイントPlus(電子マネーポイント)

 

メトロポイントPlusの登録を行ったPASMOで、メトロポイントPlus加盟店にてPASMO電子マネーを利用すると、メトロポイントが貯まります。

メトロポイントPlus加盟店にはメトロポイントPlusロゴを掲出しています。

 

自動販売機で PASMO を使用すると 100円につき 1ポイントが貯まります。

店舗で PASMO を使用すると 200円につき 1ポイントが貯まります。

 

【メトロポイントPlus加盟店】

店舗:売店(METRO’S)、Echika、Echika fit、Metro pia、Esola等ロゴ掲出先

自動販売機:自動販売機及びコインロッカー等ロゴ掲出先

 

 

こんな使い方も

 

JRでグリーン車というと Suica グリーン券をイメージすると思いますが、実は PASMO も使えます。

PASMO 以外にも東京モノレール・東京臨海高速鉄道のSuica、Kitaca・TOICA でも使えます。

 

 

メトロポイント年間シミュレーション

 

メトロポイントの年間シミュレーションが可能です。上記写真をクリックして頂ければ当該サイトにジャンプします。

カードの種類を選択し、各項目の想定利用金額・回数を入力し「メトロポイントを合計する」ボタンをクリックしてください。メトロポイントの合計とPASMOにチャージできる金額が表示されます。

例えば平日のみ毎日往復で東京メトロに乗車するとした場合に、平日:東京メトロ乗車回数(定期券面区間を除く)10回/週と入力すると、2,600ポイントになります。

 

 

メトロポイントのマイル交換

 

ソラチカカードは、100メトロポイント毎に 90マイルを獲得できます。

前述の 2,600ポイントは、2,340マイルとなります。

 

さいごに

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)カードの使い道として東京メトロに乗る方法、自動販売機、店舗利用を紹介しました。

 

日々貯まるのはいいですよね!!

 

では。

 

また、読んで頂けたらと思います。