invest

【楽天スーパーポイント】ポイント運用でポイントを増やしてポイント投資でお金を増やす

【楽天スーパーポイント】ポイント運用でポイントを増やしてポイント投資でお金を増やす

楽天スーパーポイントを利用する方法として、ポイント運用とポイント投資の2つあり、それぞれ違うものです。

 

 

楽天スーパーポイント(楽天ポイント)が貯まってきたら、みなさんはどうなさいますか?

私の場合、期間限定ポイントは、何か購入する際についでに使っちゃいますね。

一方、通常ポイントはもったいなくてなかなか使い道を見い出せないでいます。

 

今回、改めて「ポイント運用」と「ポイント投資」を調べてみたので紹介させていただきます。

 

 

ポイント運用とポイント投資について

 

ポイント運用もポイント投資も両方ともに楽天スーパーポイントを使用できるものです。

簡単に説明すると、楽天ポイント運用は、楽天スーパーポイント自体をさらに増やすようなものです。

一方、楽天ポイント投資は、楽天スーパーポイントを円(1ポイント=1円)としてお金を増やすものです。

 

ですので、ポイント自体を増やしたいのか、お金を増やしたいのかでどちらか選ぶのがよろしいかと思います。

 

とは言っても、選べないですよね。。。

実施にやってみないと。

 

 

Rakuten PointClub(楽天ポイントクラブ)

 

Rakuten PointClub では楽天スーパーポイント自体をポイント運用を使って増やすことができます。

もちろん減る可能性もありますので自己責任となります。

特に口座等は必要ありません。

Rakuten PointClub が定める対象投資信託の情報を使ってポイントが日々増減することになっています。

ユーザはアクティブかバランスからのみ運用ができます。

アクティブはその名のとおり積極的な投資信託が対象となり、バランスは比較的安定的な投資信託が対象となっています。

証券会社などで投資信託はちょっとなあと思っている方達向けにおすすめなポイント運用です。

 

 

楽天証券

 

こちらは楽天証券で、楽天スーパーポイントを1ポイント1円としてお金を増やすことができます。

こちらも、もちろんお金(元は楽天スーパーポイント)が減る可能性もありますので自己責任となります。

こちらは口座が必要となります。

また、ポイント運用ではアクティブ又はバランスの2択でしたが、ポイント投資は投資信託先を自分で選択する必要があります。

使用できるポイントは1ポイントから可能です。

ポイントのみで購入も可能ですし、ポイントと現金を合わせて投資することも可能です。

また、投資信託購入及び売買時に手数料は無料となっていますが、購入後(ファンド購入後)の管理に費用がかかります。

 

また、おまけではありますが、いがいとメリットが高いのが SPU の対象となっているため、楽天商品を購入する時に、+1倍となります。

なお+1倍となるためには、楽天証券にて月1回500円以上のポイント投資が条件となっています。

 

 

まとめ

 

楽天スーパーポイントの通常ポイントは増えれば増える程うれしいかと思います。

また、ポイントを持っているだけでも大変満足できると思いますが、もしもっと増やそうとか、運用をためしてみようと思う方がいらっしゃったら今回の情報を参考にしてみてください。

 

ポイント運用」と「ポイント投資」は異なるものです。

 

ポイント自体を増やしたりしたいと思う場合は、ポイント運用です。

ポイントを利用して資金(お金)を増やしたいと思う場合は、ポイント投資です。

 

なお、前述しましたが運用するということは増えることもあれば、減ることもあるということです。

このあたりをどの程度許容できるかでしょうか。

私の場合は減ったらいやだなあと思う反面、もともともらったもんだし増えたらラッキーでやってみようかで、「ポイント運用」と「ポイント投資」を同時に始めました。

 

今後の記事でぜひ最新状況を共有させていただきます。