Point&Mileage

Apple PayのiD/QUICPayはキャンペーンを利用してANAマイルが4倍以上

ANAマイルを本格的に貯めはじめた初心者の方達にApple Payを利用したマイル獲得方法を紹介します。キャンペーンに事前申し込みをした後にApple Payをショッピングで利用することでANAマイルをがっつりためることができます。

Apple Pay概要

Apple Pay はアップル社が提供するアップル端末を使った電子マネーになります。使用するためには、iD (アイディー)QUICPay (クイックペイ)といった後払い式電子マネーを搭載したクレジットカードをApple Payに登録して利用することになります。

三井住友カードの「iD」と、JCBの「QUICPay」が、後払い式電子マネーの2強となっています。

後払い式電子マネーに関してカード会社への支払い方法は、クレジットカードの支払いと同じです。後払いですので翌月に全く同じように請求され支払いすることになります。

もちろん一方は電子マネーで、もう一方はクレジットカードですので、呼び名が異なります。電子マネーといってもSUICAやPASMOのような前払い式電子マネーとは違います。あくまでも後払い式になります。

電子マネーとクレジットカードどちらがいいのかという話がよくありますが、電子マネーが好きな人はサインを必要としないというメリットを好んでいます

例えば、現金をあまり持たない生活をする人たちにとって、コンビニなどでクレジットカードで買い物をするときにサインをするわずらわしさはどうにか排除したいと考えています。そのため電子マネーがものすごい勢いで成長しています。現金派の方も交通系の電子マネーの SUICA や PASMO などで、電子マネーの便利さに気づき移行している人たちも増えています。

そして、その状況にさらに出てきたのが Apple Pay です。日本ではお財布携帯が有名ですよね。カードを持つわずらわしさをさらに排除するという現時点ではこれ以上ない支払い方法になります。端末機器やインターネットが発達したことによって生活習慣に合わせて様々な支払い方ができるというのはとてもいいことです。

Apple Pay iD

iD はドコモが提供する電子マネーです。全国の iD マークのあるお店は71万か所あります。登録可能な ANAカードはこちらのとおりです。

  • ANA VISAプラチナプレミアム
  • ANA VISAワイドゴールド
  • ANA マスターワイドゴールド
  • ANA VISA 一般
  • ANAマスター一般
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスター
  • ANA VISA Suica
  • ANA VISA nimoca
  • ANA VISAワイド
  • ANAマスターワイド

全国のiDマークのある店で支払いの際に「iD」を利用する旨を店員さんに伝えて支払います。実は、三井住友カードのiD(アイディー)と楽天の Edy(エディ)は発音が似ていて注意する必要があります。店員さんがきちんと聞き取れないと若干レジでざわざわします。ですので、「Apple Pay iD」を使いますと言うのがいいと思います。これで間違われたことはありません。

Apple Pay QUICPay

QUICPay はこれまで JCB のみで提供する電子マネーでしたが、アメリカン・エキスプレス(アメックス)でも使用できるようになっています。

ご存知の方はまだまだ少ないかと思います。アメックス自体もキャンペーンや広報活動が少なく、さらに申し込みは電話で申し込みをしなければいけません。登録可能な ANAカードはこちらになります。

  • ANA JCB プレミアム
  • ANA JCBワイドゴールド
  • ANA JCB一般
  • ANA JCB ZERO
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA JCBワイド
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード

全国の QUICPay マークのある店で支払いの際に「QUICPay」を利用する旨を店員さんに伝えて支払います。QUICPay についてはそのまま「クイックペイを使います」というのがいいと思います。「アップルペイ、クイックペイを使います」というと、これはこれで一瞬はっとなりざわつきます。

セキュリティに関して

Apple Pay利用するときに漠然としたセキュリティに関する不安がありますよね。こちらについては以下の仕組みを事前に理解することがよろしいかと思います。

  • Apple Payにはクレジットカードに記載のクレジットカード番号は登録されません
  • 代わりに機器ごとに固有のデバイスアカウント番号が使われます。この番号は Apple Pay にカードを追加するときに発行され本人ですら全桁を知ることはできません(下4桁のみ確認可能)
  • Apple Payにはクレジットカード情報が登録されていませんのでお店側にクレッジット番号は通知されません
  • デバイスアカウント番号はクレジットカード番号を乱数で置き換えたものです。そのため、仮にデバイスアカウント番号が漏洩してもクレジットカード番号は無事です。
  • Apple Pay のカード情報は、通常のストレージ領域ではなく Apple Pay 専用の Secure Element に保存され、端末を分解してチップを取り出されてもデータは読み取れません。
  • Apple Payでの支払い時、あらかじめ設定した「Touch ID」「Face ID」または「パスコード」で認証を行う必要があります。
  • iPhone を紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で「紛失モード」に設定することで、Apple Payの利用を一時停止することが可能です。

Apple Payのセキュリティは、クレジットカードや SUICA/PASMO等の電子マネーより強固であると理解できると思います。一方、この理解によってクレジットカードとかSUICA/PASMO 等の電子マネーのセキュリティ対策のほうが心配になります。

Apple Payの設定方法

iPhone の Apple Pay に登録する方法はこちらの三井住友カードで提供しているビデオを確認してください。

キャンペーンを利用してマイルをがっつり貯める

クレジットカードを使ってショッピングをする場合、1,000円で15マイル、10マイル、5マイルといったところが一般的だと思います。電子マネーのキャンペーンを利用するとその何倍ものマイルががっつり貯まります。いくつか紹介させていただきますので、ぜひキャンペーンをチェックしてみてください。

Apple Pay iDのワールドプレゼントポイント10倍キャンペーン

こちらは既に終了してしまったキャンペーン(2017年10月1日〜2018年1月31日)です。経験談を紹介する目的で載せさせて頂きました。このキャンペーンは、事前エントリーして期間中にApple Payを全国のiDマークのある店で利用するとワールドプレゼントポイントが10倍になるというものです。

経験談になりますが、このキャンペーンに事前エントリーをして、Apple銀座店で MacBook 12inch Space Grayを購入する時にApple Pay iDを利用しました。

こちらは利用後、三井住友VISAより届いたメールになります。なお、貯まったANAマイルについては合計 9,060マイルになります。このマイルの計算方法については、ややこしいのできちんと説明します。

キャンペーンはワールドプレゼントのポイントが10倍貯まることでした。実はこのキャンペーンですが、正しくは 1倍と+9倍ということになっています。

1倍は通常のANAカードのポイントで1,000円で10マイル(ANA VISAワイドゴールドカードの場合)部分になります。こちらは186ポイントになっており、186ポイントx10マイルで1,860マイルになります。

さらに+9倍のほうですが、こちらはANAカードボーナスポイント・プレミアムポイントでメールに記載の1,677 ポイントになります。この1,677ポイントはそのまま三井住友VISA で交換すると交換率が3マイル単位になりますので、さらに還元率の上がるGポイント経由で交換します。

Gポイント経由をする際にワールドプレゼント1ポイントあたり5Gポイントなりますが、200ポイント単位となるため交換できるものだけで計算すると、1,600ポイントx5Gポイント で 8,000Gポイントになります。

さらにGポイントはソラチカルート(メトロポイントへの交換は100%なので説明割愛)にのせて90%交換率で交換すると8,000メトロポイントx0.9%となり7,200マイルとなります。

最終的には、1倍の1,860マイルと+9倍の7,200マイルを足して9,060マイルとなるわけです。

一方、10マイル/1,000円が貯まるクレジットカードで普通に購入した場合には、1,860マイルになります。何も考慮しなかった場合、7,200マイルをまるまる損することになります。4.87倍(およそ5倍)もの差がつきます。

2018年4月1日よりGポイントからメトロポイントへの交換ルートは終了となっています。

2018年4月以降に1,677ワールドプレゼントポイントをANAマイルに交換した場合には、最終的には6,030マイルとなります。81%の還元率となっています。1倍の1,860マイルと+9倍の6,030マイルを足して7,890マイルになります。通常のクレジットカード決済と比較して4.2倍となりますので現在でも有効です。

Apple Pay iDとココイコ利用でワールドプレゼントポイント11倍キャンペーン

「ココイコ!」は、三井住友カードを持っている人が事前にエントリーしてお店でカードを利用するとワールドプレゼントポイントやキャッシュバックの特典が受け取れるおトクなサービスです!さらに「ココイコ!」に加えてApple Pay iDを使用することでさらにポイントが +5倍プラスされるキャンペーンになります。

はじめての方はぜひこちらをご確認ください。三井住友カード「ココイコ!」ご紹介動画になります。

こちらも経験談になりますが、今回は洋服の青山を選びました。洋服の青山はポイントが通常6倍になります。ここで洋服の青山にエントリーすることで、6倍+5倍の合計11倍になり、合計で3,300マイルになりました。

おまけ

現在は、こちらのキャンペーンが行われています。Apple Payへ新規設定で、もれなくお買い物代金が3,000円分まで実質ゼロ円になります。キャンペーン期間は、2018年2月1日から6月30日までとなっています。Apple Payに新規設定およびエントリー後、約3ヵ月間有効です。Apple Pay iD が使えるお店はコンビニをはじめ、Apple、ビックカメラ、ユニクロです。

2018年秋キャンペーン(2018年10月追記)

2018年秋のキャンペーンが始まっています。「ココイコ!」は、三井住友カードを持っている人が事前にエントリーしてお店でカードを利用するとワールドプレゼントポイントやキャッシュバックの特典が受け取れるおトクなサービスです!さらに「ココイコ!」に加えて Apple Pay iD を使用することでさらにポイントが +10倍プラスされるキャンペーンになります。

iD の使用できるお店はこちらになります。通常のポイントに加えて、+10倍ポイントがつきます。金額の大きい買い物をするときは、キャンペーンの有無と、Apple Pay iDで支払いできるのかを確認しておくことをおすすめいたします。

例えばビックカメラで購入する場合、ココイコで事前に使用登録をしていた場合、クレジットカードで支払いをすると2倍のポイントがつきます。一方、iDキャンペーンに事前登録をしていた場合、Apple Pay iDで支払いをすると、2倍に加えて+10倍のポイントがつきます。

ココイコで使用登録をできるお店はこちらから確認してください。なお、iDマークのあるお店(前述)がこのキャンペーン対象となります。

現在行われている他のキャンペーンですが、こちらになります。

まとめ

Apple Pay をお店に行って使うことでがっつり貯まるということをご理解いただけましたでしょうか。インターネットを使ってショッピングでマイルを貯めるという方法もありますが、実はお店で購入することでもマイルがたくさん貯まります。