ANA

6つの勝手に貯まる仕組みが成功し3ヶ月の短期間で10万マイル!!

PR

 

 

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

まいる部長です。

 

2017年12月から ANAマイルを本格的に貯め始めました。

この3ヶ月であっという間に10万マイルを貯めることができました。

その途中で誕生日が来て全日空から素敵な壁紙を頂きました。

おかげさまで素敵な一年を過ごしています。

 

PR

Insta360°あなたのiphoneをあっという間に360°カメラに

ANAマイルを貯める仕組み

短期間で ANAマイルを10万マイル貯めることができたのは以下を実施したからこそです。

 

  1. ANAカードを使用した決済へ統合する。
  2. ANAがおすすめするマイルの貯め方を利用する。
  3. 三井住友VISAやJCB等クレジットカード会社がおすすめするマイル(ポイント)の貯め方を利用する。
  4. ハピタスでハピタスポイントを貯めて ANAマイルに交換する。
  5. ANAカードを友達に紹介して ANAマイルを貯める。
  6. アフィリエイトによる報酬を ANAマイルに交換する。

 

ANA マイルを貯めることを考えた場合、全日空の飛行機に乗れば貯まっていくのですが普段の交通手段として使っているわけではないのでなかなか増えていくものではありません。

だから貯める仕組みを作る必要があります。

しかもずっと苦労して貯め続けるのでは疲弊してしまいます。

ですので勝手に貯まる仕組みにしなくてはいけません。

 

貯める仕組みを作る過程において上記6つの工程はとても重要になってきます。

工程1〜4まではどちらかというと ANAマイルを貯めるための基礎編になります。

基礎編で体力作りをする中で様々な情報を入手し吸収できるようになります。

それができるようになると工程5〜6の応用編ができるようになります。

応用編という言葉を使うとどうしても敷居の高いことと思ってしまうかもしれませんが、工程1〜4までできるようになっているということはもうすでに応用編の半分ぐらいまでできていることを意味します。

 

ただ、最大の難関は報酬をどうやって得られるかではないでしょうか。

 

私は現在、外資系企業に勤めコンサルティングサービスをお客様に提供しています。

コンサルティングサービスをお客様に購入頂く上で必ず考慮すべき重要なことは以下の3つになります。

 

  1. お客様の成果(Outcome)は?
  2. コンサルティングサービスの価値(Value)は?
  3. なぜ(Why)我々のコンサルティングサービスが必要なのか?

 

今回、 ANAマイルを貯める報酬を得ようと思ったときに普段自分がやっていることが通用するかもしれないと感じ実行してみました。

おかげさまで結果が出て来ています。

もちろん、勝手に貯まる仕組み作りをしていますのでこれからが楽しみですね。

皆さんもぜひ、勝手に貯まる仕組み作りをしていきましょう。

 

次は具体的な仕組み作りについて紹介していきます。

 

 

ANAカードを使用した決済へ統合する

 

私の場合、ANA VISAワイドゴールドを使用しています。

クレジットカード支払いをした場合、1,000円あたり10マイルになります。

また、iPhone を持っており Apple Pay iD として登録もしておりますので、電子マネーとしても支払いをしています。

Apple Pay iD は 10倍キャンペーンをよくやっていますので、キャンペーンに応じて使用しています。

経験としては MacBook を購入し、9,060マイルを一回で獲得しています。

 

ANAカードでの決済の対象としては、以下のようなものが挙げられます。

 

大項目 中項目 変更前 変更後
交通費 定期券 現金払い クレジットカード
他交通費 現金払い クレジットカード
水道・光熱費 電気 口座引き落とし クレジットカード
ガス 口座引き落とし クレジットカード
水道 口座引き落とし クレジットカード
生活費 ガソリン 現金払い クレジットカード
食費他 現金払い クレジットカードと現金払い
税金 各種税金 現金振り込み クレジットカード

 

こちらは私のほうで実際に変更した項目になります。

意外なところで各種税金の支払いについては目から鱗でした。

金額が他とも比べて大きかったりするので利用しない手はありませんでした。

 

これらの対応をすることで、支払いをしたら ANAマイルが勝手に貯まるという仕組みが出来上がります。

支払い金額で変化しますが、月平均で数千マイルになります。

ANAマイルをためる、最初の一歩として必ず実施していきましょう。

 

 

ANAがおすすめするマイルの貯め方を利用する

 

ANAカードで決済することで直接 ANAマイルが貯まりますが、さらに ANAマイルを追加でお得に貯めるサービスがあります。

 

実はなんと50以上ものサービスがあります。

飛行機に乗るだけではない他の方法がたくさんありますので利用できるものは全て利用していきましょう。

 

まずは、こちらの一覧表をご覧ください。

 

[table id=17 /]

 

こちらが、さらに追加で ANAマイルがお得に貯まるサービスの全体像となります。

さらに追加で」という表現を用いましたが、ANAカード決済で獲得できるマイルにさらに上乗せされるという意味です。

ですので、使わないことは非常にもったいないことになります。

 

知らない人は地道に貯める、知っている人は勝手に貯まるという図式になりますが、いかに後者にしていくことが重要です。

例えば知らない人は、 ANAカードを利用して1万円の宿泊をして100マイル貯まったとします。

しかし知っている人は、ANAカードを利用して1万円の宿泊をして100マイル貯まるだけではなく、プラス1,000マイル貯まります。

余りの差に愕然とすると思います。

少なくとも少し前までは自分は前者でした。何も知らず宿泊を家族で楽しんでいました。

ただこれらの情報を知ることで、宿泊を楽しむことに加えてマイルを貯めることにより次回の旅を準備するという新たな楽しみをさらに生み出すことができました。

幸いにもインターネットやスマートフォンが普及したこともありこれらの情報を比較的容易に集めることができるようになりました。

ぜひこれらの情報を有効利用していきましょう。

 

いくつかおすすめのものをピックアップしますのでぜひ確認して頂けたらと思います。

 

 

口コミでANAマイルを貯める

みなさん、家族での旅の思い出は大切ですよね。

そこで見たもの食べたもの聞いたものいずれも大切な思い出だと思います。

写真もとても大事な思い出だと思います。

そんな大切な家族の思い出は家族だけのものなのですが、その思い出の中でちょっとだけでも共有してみてはいかがでしょうか。

よかったや残念だった情報だけを小出して口コミすることで ANAマイルが勝手に貯まる仕組みがあるんです。

ひとつの小出し情報で最大30マイル貯まります。

例えば旅行に行って10箇所について共有してみましょう。最大で300マイル貯まります。

一ヶ月で最大 1,500マイルという上限はあるのですが、強者は口コミ書くだけで年間 18,000マイル勝手に貯まることになります。

20,000マイル貯めればハワイまで片道ビジネスクラスにアップグレードできますね。

さすがに自分はそこまでの口コミは書けていませんがその半分ぐらいを目指しています。

旅行先で立ち寄ったデパートなんかも投稿できちゃったりしますのでその様子を口コミしています。

もちろん特に家族の情報や家族が写っている写真など全く必要ありません。

小出しにどこどこ行きましたよ。こんなところがよかったですとか残念だったですと正直につぶやくだけです。

 

では、どのようにやっていくかを紹介しましょう。

今回は2つ紹介いたします。

 

 

トリップアドバイザーで口コミをしてANAマイルを貯める

 

トリップアドバイザーを使って、掲載された口コミ1件から ANAマイルを貯めることが可能です。

国内外問わず宿泊施設、レストラン、観光施設の口コミが対象となります(ただし宿泊施設は月最大4件まで)

口コミ1件につき積算されるマイル数は施設によって変わりますが経験として、一箇所最大 20マイルとなります。

一年前まで遡れますので時間があればぜひ口コミをしてみましょう。

 

 

フォートラベルで口コミをしてANAマイルを貯める

 

フォートラベルを使って、掲載された口コミ1件から ANAマイルを貯めることが可能です。

国内外問わず宿泊施設が対象となります。

口コミ1件につき積算されるマイル数は 30マイルとなります。

宿泊に絞られるのでトリップアドバイザーよりは限定されると思いますが、宿泊した際には必ず口コミをすることで30マイル/件が追加で貯まりますので仕組みにいれていきましょう。

 

口コミで ANAマイルを貯める話は以上になります。

勝手に貯まる仕組みではないのではないかとご指摘を受けるかと思いますので少しだけ説明させていただきますが、ANAマイルを貯める初心者の方達には、まず貯まる仕組みを全体的に理解して頂く必要があると考えています。

いろいろな方法を使って ANAマイルが貯まっていくということを体感頂くことで後によい影響が出てきます。

また、さらに重要なこととしては、ANAマイルが勝手に貯まる仕組みをつくるためにはどうしても文章力をアップしていく必要があります。

工程の5〜6でどうやって訴えかけて報酬をいただくかということが最大のポイントだからです。

そのためには口コミ等を使って50文字〜100文字でたんてきに相手にお伝えする練習にもなると思います。

 

 

ANAの@ホテルを利用してプラスマイルを貯める

 

国内ホテルの宿泊予約時には、必ず「ANAの@ホテル」でそのホテルがプラスマイルの対象かを確認してから予約するのがよいと思います。

プラスマイルの対象であった場合、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

というのも、ANAの@ホテルでプラスマイルを利用した場合に貯まるマイルはなんと以下の3つ全ての合計マイルが貯まることになります。

  1. ホテルに泊まると100円毎に1マイル貯まります。
  2. プラスマイルの対象であれば、宿泊プラン毎にプラスマイルが貯まります。
  3. ホテルに泊まってANAカードで支払いをすればマイルが貯まります。

最近の経験では、8,300円の割安のホテルに宿泊しました。

プラスマイルが、1,000マイルつくプランでした。

  1. 8,300円の 100分の1なので 83マイル貯まります。
  2. プラスマイルが、1,000マイル貯まります。
  3. ANA VISAワイドゴールドカード支払いにより、ワールドプレゼントポイントで80マイル貯まります。

合計 1,163マイルになりました。

ANAカードの支払いだけで考えた場合、11万円を支払わないと1,100マイルは貯まりませんので、プラスマイルの威力ははかりしれませんね。

普通だったらこの宿泊では、163マイル程度しか貯まりませんので、なんと 7倍ものマイルが貯まったことになります。

 

ANAの@ホテルを利用するお話は以上で終了になりますが、せっかくなのでここでぜひ覚えてほしいことがあります。

国内の宿泊予約の場合、ANAだけではなく他ポイントサイトや旅行会社の各種プランでどれだけ ANAマイルが貯まるのかをぜひ確認してみてください。

この取り組みをすることでのちの工程6のところで比較サイトを作ったりするための基礎を覚えるのに役立つと思います。

 

 

グルメマイル・ヘアサロンマイル・癒しマイル・SPAマイルで ANAマイルを貯める

 

グルメマイルで ANAマイルをプラスで貯めるを紹介しようと思っていたのですが、丁度さらなる合わせ技のできるキャンペーンがありますのでまとめて紹介します。

グルメマイルを利用すると100円で最大3マイル貯まります。

例えば、1,000円の食事をして最大 30マイル貯まります。

今回このキャンペーンを利用すると、

グルメマイル利用にてプラス 100マイル貯まります。

またヘアサロンマイル、癒しマイル、SPAマイルのいずれかを利用することでさらにプラス 100マイル貯まります。

また、ANAカード決済によってさらに 10マイル貯まります。

よって合計 240マイル貯まるというものです。

実はさらに追加で利用したヘアサロン・癒し・SPAのいずれかのマイルも貯まります。

ユネッサンを利用した場合、プラス 60マイルになりますので計 300マイルです。

食事ということで飛行機やホテルと比べて大きくマイルが貯まるわけではありませんが、1年間で何回利要するかを考えた場合に塵も積もれば山となり数千マイル/年になる可能性がありますのでやってみるのがいいと思います。

 

 

ぐるなびプレミアムプランで ANAマイルを貯める

 

もう1つお食事で紹介しましょう。

ANAマイレージクラブ会員限定のぐるなびプレミアムプランに加入し、レストランを利用することでマイルが貯まります。

こちらの例では、10,000円のディナーを5人で予約したときに 1,500マイル貯まります。

なかなかこれぐらいの金額になるとよっぽどの会でもないと集まらないかもしれませんがいざというときに使用できます。

 

お食事関連で2件紹介させて頂きました。

前述もしていますが、お食事自体の金額が大きくなければ貯まるマイルも大きくなりません。

ですので支払い金額に応じて貯まるマイル数は変わると思っておいてください。

ただ、単に ANAカード決済をするよりは倍以上のマイルを獲得できていると思います。

 

ここでお伝えしたいのは、お食事でマイルも貯まりますが、もっと大事なこともできるようになっていると思います。

おそらく何か行動を起こそうとしたときに、ANAのマイルが貯まるのかどうかという視点を持つように変わってきているのではないでしょうか?

飛行機よりも、ホテルよりも、お食事は調査する件数も多くなりますし、バリエーションも多いので調査は苦労されていると思います。

 

苦労の割には残念ながら貯まるマイル数は逆順ですが、、、

 

でもお気になさらずです。

 

苦労しているということは、ANAマイルを貯める仕組みを理解するというかけがえのない知識が身についてきている証拠です。

 

紹介しているサイトへのアクセスはこちら

 

 

三井住友VISAやJCB等クレジットカード会社がおすすめするマイル(ポイント)の貯め方を利用する

 

クレジットカード会社でもおすすめのマイルを貯める方法がありますので紹介します。

三井住友VISA や JCB、さらにはマスターカードなど各種クレジットカード会社のキャンペーンサイトを確認してみてください。

今回は、Apple Pay iD とソラチカカードのキャンペーンを紹介します。

 

Apple Pay iD を使ってマイルを貯める

 

なかでも強烈なインパクトがあったのは Apple Pay iD ですね。

三井住友VISA の ANA VISAワイドゴールドカードはクレジットの機能を持ちますが、さらに iD が付帯されています。

iD はクレジットカードではありません。

簡単に言うと三井住友 VISA が提供している電子マネーです。

三井住友VISAとしてもこれまでのクレジットカードを用いた支払いと Apple Pay iD を使った電子マネー支払いの2つを多様化するユーザのニーズに合わせて広めていきたいというねらいです。

なお、三井住友VISA が提供する Apple Pay iD は他の電子マネーと異なり、オートチャージやネット決済はできません。

店頭で支払うときに提示する方法となります。

使う側としては店頭で使う場合ほぼクレジットカードと同じと考えるのがよいでしょう。

結果的には支払い方法は同じで翌月に請求となり支払い金額分が登録口座から引かれます。

ネットでショッピングする際にはメインカードとして ANA VISAワイドゴールドカード 、店頭でショッピングする際には Apple Pay iD のキャンペーンに事前参加登録をして Apple Pay iD を使って決済することが効率よくマイルを貯める方法となります。

 

 

つい先日までは 10倍キャンペーンがありました。

こちらのマイルを利用して Apple ストア銀座店にて MacBook を購入し 9,060マイル獲得しました。

 

 

さらにiD ではココイコキャンペーンというのもあります。

合計11倍になるキャンペーンを利用してオンラインストアでショッピングをしました。

ココイコのオンラインストアを利用することで6倍になるショップを選びさらに+5倍になるキャンペーンで合計11倍で5,000マイルを超えましたという計算です。

20倍なんていうキャンペーンもありますのでぜひ確認してみてください。

ただここでよく調べておいてほしいのでは、すべてが 1,000円で 10マイルにならないことです。

1,000円で 10マイルになるもの、1,000円で3マイルになるもの、1,000円3マイルがいやでソラチカルートを通してマイルにするもの色々あります。

完璧に覚えるにこしたことありませんが、仕組みがどうなっているかを最低限理解することが必要です。

 

ここでは ANA だけでなくクレジットカード会社でもキャンペーンをやっていることへの理解、さらには獲得するマイルの計算なども覚えることができると思います。

 

ソラチカカード使ってマイルを貯める

 

インターネットでマイルを貯めると検索すると必ずでてくるソラチカカードがあります。

ソラチカカードをつくることで、ポイントサイトで貯めたポイントを 90%でマイル交換できるので大人気です。

そんなソラチカカードですが、ソラチカカードでもマイルを貯めることができます。

こちらは非常に地味に貯まっていきます。

東京メトロに平日乗車すると片道で5メトロポイント貯まります。

週末乗車すると片道で15メトロポイント貯まります。

例えば、平日5日間仕事で東京メトロを利用すると考えた場合、毎週 50メトロポイント貯まります。

52週きちんと乗りつづけた場合に、2,600メトロポイントとなり90%交換率にて 2,340マイルに交換できます。

毎日東京メトロに乗車する方はぜひ利用を考えてみてはいかがでしょうか。

定期使用区間は除外などの条件がありますので注意してください。

 

ここではぜひソラチカカードのことを調べてみてください。

ANAマイルを貯める人達には影響力の高いカードです。

 

 

ハピタスでハピタスポイントを貯めて ANAマイルに交換する

Hapitas About 2

 

ハピタスという ANAマイルをかなり貯められるポイントサイトがあります。

ハピタスを無料で経由して楽天や Yahoo!ショッピングなどでお買い物をしてポイントやマイルを貯めます。

こちらもインターネットで ANAマイルを貯めると検索すると高確率でヒットします。

ハピタスはオズビジョンという会社で 2006年から運用されており、陸マイラー・ANAマイラー・JAL マイラーの皆さんから大人気の信頼の高いポイントサイトになっています。

陸マイラーは、飛行機に乗らなくてもマイルを貯める仕組みを作っている同士の人たちです。

皆さん、いろいろな情報を共有してくださっているのでとても助かっています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こちらが最新のハピタスロゴになります。

190万人の同志がいますね。

もしまだハピタスに加入していない人がいらっしゃいましたら、ロゴをクリックして頂ければ登録サイトにつながります。

こちらのサイトから加入頂くと、もれなく1,000ハピタスポイントをプレゼントするキャンペーンをやっていますのでぜひ利用してください。

1つだけアドバイスさせてください。

ご家族がいらっしゃる場合、それぞれで 1,000ハピタスポイントを貯めれますのでそれぞれの名前で加入することをおすすめします。

もちろん登録にお金はかかりません(0円)のでご安心ください。

その際に最も注意しなければいけないのは、同じ人が複数アカウントを作れません

同じ端末から複数の名前で登録するとハピタス側は同じ人が申し込んだとしてポイントを付与してくれません。

それと端末が別でも同じネットワークからの接続は NG です。

どういうことかと言うと、家族それぞれが端末を個別で持っているが WiFi を共有しているような場合に同じネットワークとみなされます。

ですので、どうすればいいかというと一人目は WiFi で登録する。

二人目以降は、別端末(別iPhone等)で携帯会社のネットワークを使って登録する。

なにをかくそう自分は、ハピタス登録のときに上記のミスを起こして損をしてしまいました。

2人目以降、全くポイントをもらえませんでした。。。

同じ嫌な思いをこちらの読者の方達にはしてほしくなくアドバイスさせて頂きました。

 

ハピタスの登録話に偏ってきてしまいましたので、中身に移っていきたいと思います。

ハピタスではクレジットカード発行案件が一番のおすすめになります。

日々変化していますのでぜひ最新の状況を確認してください。

 

楽天カードを作って ANAマイルを貯める

ハピタス 楽天カード

 

ハピタスに入会後、楽天カードを検索してみてください。

上記のように出てくると思います。

ポイントを貯めるをクリックして頂くと楽天カードの登録画面に移動します。

なお、こちらですが、当時私が入会したときのキャプチャーを残しておいたものです。

楽天カード発行で、なんと 10,000ハピタスポイント貯まりました。

その後、ANA マイルに交換して 9,000マイルになってます。

それとさらにおすすめな理由が2つあって、1つ目は楽天カードの年会費は永年無料です。

2つ目は入会と利用によって 7,000楽天スーパーポイントがプレゼントされます。

7,000円分の買い物が可能ですので、楽天市場でぜひショッピングをしてください。



15〜25歳の学生向けには送料無料キャンペーンもありますのでぜひ登録してみてください。

 

クレジットカード発行案件は他にも Yahoo!カードもおすすめです。

年会費は永年無料であり、ハピタスポイントも 8,000ポイント(7,200マイル)、Tポイントも 11,111ポイントを獲得できています。

 

ハピタスは他にもポイントが高いものであれば FX案件、証券があります。

高額案件ですので安全に貯まるものを見極める必要がありますので十分に調査して案件にトライしてみてください。

 

ハピタス案件では、ちょっと変わった方法で一気にマイルを貯める方法があるということを理解頂けたと思います。

 

 

ANAカードを友達に紹介して ANAマイルを貯める

 

マイ友プログラムを利用することで、ANAマイルがさらに貯まります。

 

 

アフィリエイトによる報酬を ANAマイルに交換する

カンファレンスバナー
afb(アフィb)

2017年4月14日から、アフィリエイトBは「afb」にサービス名称を変更しています。

「afb」と書いてアフィビーと読みます。

アフィリエイトBには本当にお世話になっています。

ありがたい限りですね。

アフィリエイトの報酬をドットマネー経由でマイルに交換することが可能です。

注意点としては、報酬の交換をドットマネー経由にしたい場合は、1回目のみ銀行へ現金振込(777円以上)にする必要があります。

アフィリエイトB側は銀行振込ができることを確認し健全性を確保しています。

 

アフィリエイトBには、SelfB というサービスを自己利用してアフィリエイト報酬をもらうことも可能です。

いわゆる自己アフィリエイトだと思ってください。

報酬を早くドットマネー経由にしたい場合には、最初に SelfB を利用するというのも手です。

一番最初は私もこの方法をとりました。

afb(アフィb) の入会については無料でできます。

 

まとめ

 

いかがなものでしたでしょうか?

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

 

今回は以下の 6つの勝手にマイルが貯まる仕組みを紹介させて頂きました。

  1. ANAカードを使用した決済へ統合する。
  2. ANAがおすすめするマイルの貯め方を利用する。
  3. 三井住友VISAやJCB等クレジットカード会社がおすすめするマイル(ポイント)の貯め方を利用する。
  4. ハピタスでハピタスポイントを貯めて ANAマイルに交換する。
  5. ANAカードを友達に紹介して ANAマイルを貯める。
  6. アフィリエイトによる報酬を ANAマイルに交換する。

1〜4までが基礎編で5〜6が応用編となります。

 

基礎編では方法を理解するだけではなく、応用編に向けた準備も同時に進めていることには気づいていただけたでしょうか?

工程1〜4がなぜ必要なのかを途中途中で説明しましたが、全てが繋がっているということをご理解頂けたら幸いです。

 

途中、コンサルティングサービスについて触れましたが今回の記事は以下を想定しております。

  1. 成果(Outcome)は、マイルが勝手に貯まること
  2. 価値(Value)は、仕組み作りを手助けでき、読者が自分で出来るようになること
  3. なぜ(Why)手助けが必要なのかは、仕組み全体を体系的に理解することが困難なため

 

最後に。

 

みなさまにとりましても、この一年が素敵な日々になりますように。

 

以上、ありがとうございました。

 

では、また。